ラーメン大好きなラーメンマニアの食べ歩き日記です

ラーメン大好きガーソーさん




新店情報 豚骨ラーメン

リニューアルされた博多一幸舎博多総本店訪問[一幸舎の原点にして頂点の一杯]

投稿日:

Pocket


 

今や国内17店舗、海外9ヵ国46店舗を展開している博多発の豚骨ラーメン専門店、博多一幸舎。

 

福岡の人間からすれば、一風堂、一蘭、一幸舎は世界中に豚骨ラーメンを広めた立役者だし、好みはそれぞれだとしても、博多ブランドの価値を更に引き上げたラーメン店なのは間違いないところです。

ちなみに、私は最初に福岡に出てきて一風堂に感動し、その後一蘭にドハマリして、一幸舎がオープンした時に食べて「これを作った人は天才だ!」と感じ、その後様々な一幸舎のグループ店も伺うようになってから食べ歩きもするようになったんで、個人的にも思い入れがあるんですよね。

 

そんな思い入れのある博多一幸舎の総本店が、世界各国の一幸舎の原点にして頂点としてリニューアルすると聞いては、これは行かざるをえません。

8月1日にリニューアルオープンされて、遅ればせながら先日伺ってきました。

 


 


 

以前に一度外観や内観はリニューアルされていますが、今回は内外装のリニューアルということではなく、ラーメンとチャーハンと餃子、味の全てをリニューアルしたということで、それがどんな感じなのか、ものすごく気になります。

 

ちょうど博多駅前に所用があり、お店の前に来たのが14時ちょっと前。

お客さんがまばらで密にならないことを確認してから、店内に。

 


 


 

券売機の前に立つと、ラーメンが680円、焼めしランチ(ラーメンと焼めし小のセット)が900円と書いてあり、迷わず焼めしランチと味玉トッピングを購入。

 


 


 

そのままカウンターにご案内されて食券を渡し、しばし待ちます。

※平日のランチ限定です

 


 

待っている間に気付きますが、ラーメンの値段、確か以前のリニューアルの後からは780円だった気がするけどそれより安かったし、チャーハンが焼めしになっているし、ラーメンとミニチャーハンのセットも以前は1,000円だったけど900円と、値段が下がってる!

 

店舗数が増えれば増えるだけ、逆に値段って下げられなくなるもんなんですよね、特に途中からだと尚更。

だって、その価格に対しての付加価値を高めて顧客満足度を保った上で、利益を確保しないといけませんから。

なのに、今回味を全てリニューアルして付加価値を高めた上で、値段まで下げるとは、これが博多の心意気ってことなんですかね。

※味のリニューアル、値段変更共に博多総本店のみです

 

ちなみに、卓上をみると以前は置いてあった激辛辛子高菜がありません。

代わりに、大人の高菜炒めなるものが券売機で50円で販売されています。

 


 

ウッカリ買いそびれましたが、大人の高菜炒めも気になるなと考えている間に、餃子5個の無料券を頂いて(リニューアルオープンして間もないからかも)、更に太っ腹だなあと感心していたら、焼めし、ラーメン登場!

 


 


 


 

焼めしは以前とはお皿が違い、なんか高級感がある四角い博多一幸舎の名前入りのお皿に、更に名前入りのレンゲが添えてあります。

このレンゲ、博多の五色献上をイメージした青・紫・赤・紺・黄の五色を用意してあるらしく、焼めしだけでなくラーメンにもですが、どの色のレンゲが来るかはお楽しみということだそうです。

 

焼めしは以前のチャーハンと違い、ネギが上に置いてあって、レアチャーシューが刻んで入っているからか、全体的な色目というか見た目が良いですね。

 


 

実際に食べてみると、確かに美味くなっています。

ただ、元々一幸舎のチャーハンは豚骨スープが少し入っているしっとりパラリの美味しいチャーハンで、大本の美味しさはそのままにアップデートされたって感じかな。

 

次にほぼ同時に出てきたラーメン。

 


 


 

IMG_9322

 

こちらも総本店専用の下皿と丼での提供で、こちらに付いているレンゲは紺。

総本店限定のレアチャーシューが美しく、また元祖泡系の旗艦店だけあって、細かい脂泡が一面に浮かび、まるで豚骨カプチーノって感じです。

 


 

早速頂いてみると、一口スープを飲んだだけで一幸舎だとわかる旨さながら、系統はそのままに更にレベルを上げてきたって感じのアップデートバージョン。

細かな脂泡で口当たりが柔らかくクリーミーながら、しっかりとした濃度の豚骨スープと風味、そして魚介が入ったタレが効いていて、思わず美味い!と口にしてしまうほど。

更に旨味が強く、でも、よりまろやかになっている気がしますね。

ちなみに、今回ラーメンのタレも総本店限定で改良されているそうです。

 


 

ここに製麺屋慶史謹製の細平打ち麺がよく絡みます。

他の一幸舎の麺も細平打ち麺で、これもまた美味しいんですが、こちらも総本店限定で更にアップデートされており、よりコシが強くなっている気がします。

 


 

レアチャーシューは以前にリニューアルされた時点でのレアチャーシューとの差異は感じとりきれませんでしたけど、めっちゃ美味しい(^-^)

 


 

味玉は塩梅と黄身のネットリ感がたまりませんね。

 

あんまりにも美味しいので、ついつい替玉。

 


 


 


 

麺については普通で頼んでるんですが、替玉の方がやはりパツパツ感が増していて、恐らくカタでも普通でもヤワでも、それぞれに美味いと思われます。

 


 

あまりにもスープが美味くて、ついついチビチビ飲んでいる間に完食。

濃度高いはずなんだけど、こうして飲ませてしまう辺り、流石の一言。

 

大変満足しました(^-^)

 

ごちそうさまでした<m(_ _)m>

 

ちなみに、あまりにも満足してしまったので忘れてましたけど、こちらの餃子もリニューアルされていて、ただでさえ専門店バリに美味い餃子なんですが、総本店のみ、毎日店で餡を仕込んで手包みしているとのこと。

これはまた近々伺って餃子も食べないとですね~。

 

#博多一幸舎 #一幸舎 #博多総本店 #リニューアルオープン #豚骨ラーメン #博多ラーメン #製麺屋慶史 #焼めし #餃子 #福岡市博多区 #博多駅前 #福岡グルメ #原点にして頂点 #麺スタグラム #ガーソー #ラーメン大好きガーソーさん #gaso #ramen #tonkotsu #hakata #fukuoka #gourmet #ikkousha

 

 

-新店情報, 豚骨ラーメン
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ラーメン大好きガーソーさん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。