博多鮨栞庵やましろ再訪[博多駅前で本格江戸前鮨を頂けるお店]

投稿日:



昨年11月にオープンされた博多鮨栞庵やましろ。

昨年末、ミシュラン一つ星3年連続獲得の銀座栞庵やましろという懐石料理の有名店が博多駅前に本格江戸前鮨店をオープン、しかもオープン記念でお得というのを食べログにて見つけて伺ったんですが、その際に期待以上に美味しかったので今回記念日ディナーの場所として再び予約して伺ってきました。

 


 

近くのコインパーキングに車を停めて、博多駅前3丁目のMビル2号館1階の奥にあるお店の前に。

 


 


 


 


 


 



造りとしては入口入って通路左側に個室があり、奥にL字型のカウンター席があって、前回はその入口左側の個室で頂いたんですが、今回は入口通路右手のトイレ側に曲がったところにある別区画、そちらの並んでいる個室の一室にご案内頂きました。実は「博多 蟹 うなぎ やましろ」という蟹とうなぎの専門店を同じ店舗で営業されているらしく、ご案内頂いた個室が並んだ区画がその席なんだそうですが、お客様の入り具合によってはこちらの席にご案内して頂くこともあるそうです。

区画が他の席と離れているし、鮨店ならではの白木に近い色目のテーブルではなくこげ茶色のテーブルだからなのか、より落ち着いた雰囲気で良い感じ。

※写真は全て許可を撮って撮影しています

 


今回はおまかせ握り[特上]コースを事前に予約していましたが、夜のコースは全ておまかせ握りで上、特上、最上の三種類。

記念日だから一番安いのは外すけど一番高いのも気後れしちゃう日本人的習性の結果ですかね(;^ω^)

ちなみに特上は前菜、造り、旬菜、焼物、蒸物、握り12貫、巻物2種、椀物、玉子、甘味の全26種類の内容で税込17,800円

本格江戸前鮨でこのコース内容と金額は納得ですし、しかも以前満足したから予約して再訪ということで、今回もお値段以上の満足を期待!

 


席に着いて早速烏龍茶を注文。

 


 


 


 


 


 


ドリンクメニューも相当に豊富かつ鮨店にしては割高感がない上に、他ではなかなか見ないプレミアムなウイスキー、ビール、お茶、ジュースもあって特に女性には喜ばれそうですね。

まずは前菜。

 


 


 


 


 


 


 

写真左上から時計回りにハモ、嶺岡豆腐、クリームチーズといぶりがっこのやましろ最中、イカ真薯、真ん中がタコのやわらか煮。
どれもめっちゃ美味い(^-^)

実は嶺岡豆腐って初めて頂いたんですが、牛乳を葛で固めた物だそうで甘味があってモッチリした食感、その上に小エビの塩辛がのっててその塩味と旨味が甘い嶺岡豆腐と素晴らしく合っていて、嶺岡豆腐だけでも美味しいのに更に一手間も二手間もかけてあるから前菜の段階で期待値フルマックス!

 

そこから握り三貫。

 


 

左から中トロ、ヤリイカ、キジハタ。

江戸前なので煮きり醤油が塗られていて酢飯は赤酢入りなんですが、赤酢の風味はしっかりあるものの色目は赤みが強くなくて食べやすい味付けのシャリが好印象。

 


 

中トロには細かく包丁が入っていて、口に入れるとパラリとほどけつつネットリした食感も味わえます。

 


 

ヤリイカも包丁をしっかり入れた上で表面には塩が振ってあってその塩がまた美味い。

 


 

夏が旬の高級魚キジハタ(別名アコウ)は白身でさっぱりしているのに旨味が強く、ちょっと感動の味わいでしたね。

次に真鯛の松笠焼き。

 


 


 

細かく格子状に包丁を入れて焼くことで松笠(松ぼっくり)のように見えるという和食の調理法ですが、皮はパリッとした焼き加減なのに身には火が通り過ぎず旨味と汁気たっぷりジューシィーさがあって、塩味のバランスの良さと合わさって美味いしか言葉が出ませんでした。

 



次にガラスケースがかぶさったお皿が出てきたと思ったら、ガラスケースの中で燻製にされていたカツオのタタキが出てきました。

薫香がしっかり付いていてお酒にめっちゃ合う味でしたね~。

※私は飲まないんですが酒に合う料理は大好きです

 

それから鮨四貫。

 


 

写真は二人前ですが、右斜め上から時計回りにアジ、ホタテ、マグロの赤身漬け、イサキ。

 


 

アジの美味さ、脂のノリの良さにはもう感動しかなかったです。

 


 

ホタテは甘く一瞬で口中から消えてしまいました。

 


 

マグロの赤身は細かく包丁が入っていて、漬けなのでネットリ感があるんですが、口中に入れるとパラリとほどけつつも存在感があり、脂感はないのでスッキリしつつも力強い旨味があります。

 


 

イサキはこんなに美味しい物だったのかと、技の力ってすごいなあと感心しきり。

真鯛の木の芽味噌焼き。

 


 


 

こちらは甘めの木の芽味噌がたっぷりとかかった真鯛をこれまた絶妙な火加減で焼き上げてあり、正に逸品。

木の芽というのは山椒の新芽のことで、爽やかな風味が甘い味噌と鯛の旨味をより引き立ててくれます。

 

空豆餡の茶わん蒸し。

 


 


 

表面に滑らかな空豆餡がのせてある茶わん蒸しで桜エビがのっています。

 


 

優しい味わいにエビの旨味と風味が良いアクセントになっていて、良い箸休めですね。

 


 

写真は二人前ですが、右手前側から左へ車海老、ウニ、イクラ、トロタクのイクラのせ。

 


 

車海老は旨味と甘味の濃さと身のプリプリした食感が素晴らしく、思わず食べた瞬間口を押えてしまったくらい美味しい!

 


 


 

ウニとイクラは質が良いとこうなんだという味に大満足。

 


 


 

トロタクはマグロの中トロに刻んだタクアン、その上にイクラが乗っているという何とも贅沢な巻物で、食べると幸せになりますね(^-^)

 


 

写真は二人前ですが、握りと巻物の最後は右下から順にカンピョウ巻き、穴子、大トロ、玉子焼きの四種。

 


大トロはもう間違いなく大トロでトロける味わい、一切嫌な風味も口当たりもなくただただ美味い。

 


 

穴子は蒸してあるんだと思いますがめっちゃふわふわ、そこにタレが絡んでバリうまです。

 


 

カンピョウは前回も思いましたけどこんなに美味かったっけ?と職人技に感心させられます。

 


 

玉子はプリンのような甘みと口どけで〆に良い感じでしたね~。

 


 


椀物はあおさの赤だし、少し酸味のある赤味噌にしっかりとあおさの風味と旨味が合わさり、ホッとします。

 



デザートは抹茶プリン。

 


しっかり濃いめに抹茶が効いてて大人のデザートって感じ。

食後の口中をサッパリさせてくれます。

 


 

最後にあがり、いわゆる熱いお茶を頂き終了。

料理の味や提供スピードも勿論のこと、接客がとにかく良くて楽しく過ごせたので、本当にコース料理が終わるまでアッと言う間でした。
以前伺った時もめっちゃ美味しかったですが、こうして季節が変わって伺ってみるとまた違う旬の素材を違う技法で頂けるのが美味しくてありがたいですね~。

回らないお鮨を頂く機会をなかなか作れない分、たまの記念日には美味しいお店に行きたい、でも多少お財布に優しいと嬉しいという私にはドンピシャで、またお世話になると思います。

大満足でした(^-^)

ごちそうさまでしたm(_ _)m

#博多鮨栞庵やましろ #ミシュラン #博多 #江戸前鮨 #コスパ良し #バリうま #ラーメン大好きガーソーさん #sushi #hakata #yamashiro #fukuoka #gaso #gourmet

-
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ラーメン大好きガーソーさん , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.