[レアな赤身肉ステーキって最高]ビフテキ屋うえすたん空港店にてビフテキニューヨーク450g×2

投稿日:


自他ともに認める炭水化物フリークな私ですが、だからと言って肉や魚が嫌いなわけではないし、いつも麺ばかりではなくたまにはステーキやお寿司も食べたりします。

その中でもステーキ、特に赤身肉が大好きなんですが、ガッツリ頂こうとするとそれなりにお金がかかるので、何というか勝負飯というか気合を入れたい時や疲れている時、頑張りたいイザって時に頂くことが多い=たまにしか食べられないんです。

それで大好きなんですけど数年伺えていなかった福岡が誇るステーキ店、ビフテキ屋うえすたん空港店に先日、お客様から連れて行って頂きました(^-^)

 


 

ビフテキ屋うえすたんは福岡県下に直営7店舗とFC4店舗を展開されていて、他にもGABURIというステーキ屋さんを2店舗営業されています。

本当に昔からあるんですが、最初にうえすたんを知ったのは今もありますが警固交差点裏手の小さいなお店。

ステーキと言えば高級料理だった当時、手軽な価格で美味しくお腹一杯食べられるステーキ屋さんということで大繁盛されていたんですよね。

その当時から赤身肉の美味しいステーキ、丸ごと一本の柔らかくて甘いニンジンの付け合わせがありました。

カウンターだけの狭いお店で肩を寄せ合いながらたまに食べるステーキは本当に美味しかった(^-^)

 


 

そんな昔からの思い出をフラッシュバックさせつつ、お店の駐車場に車を停めて店内に。

入口前の駐車場は狭いので私のように軽自動車でも注意が必要です。

 


 

店内はアメリカン、それも西部劇のようなイメージで作られていて、こういう演出がされているのも昔から。

手前の長いカウンター席を通り過ぎて奥のテーブル席ゾーン、その一番奥に着席。

 


 

改めてメニューを見るとステーキにも種類があるし、ハンバーグもあるし、他にも様々なサイドメニューが用意されています。

特に自家製のハムやソーセージやベーコンは絶品ですし、ニンニクライスもまた旨いんです・・・が、ただ赤身のステーキに向き合うぞと決めた時に頼むメニューは決まっています。

 

それはビフテキニューヨーク!

450gにスープとライスのBセットを頼み、さほど待たずに到着。

 


 


 


 


 


 

アンガス牛のサガリを使用していると思いますが、ちゃんと肉らしい歯応えはあるけど噛み切れる柔らかさ、そして赤身肉特有の香りと旨味、上にのせてある特製バターもまた美味しく、付いてくる二種類のステーキソースも美味いんです。

そしてステーキの下にはもやし、そして丸ごと一本の甘く柔らかいニンジンと素揚げしたジャガイモが添えてありますが、結構たっぷりの野菜が付いてくるけど、合間に食べるのにちょうど良い感じ。

 


 


 

まずはバターを少し絡めて好きなステーキソースと食べた後、お好みでコショーや塩を足すのがおススメ。

私はもう加減がわかっているので、かなり思いっきりコショーをかけて、塩もそれなりにかけた上で、バターはしっかり、ソースは気持ち控えめで頂くのが好きです。

玉ねぎソースが特に好みですね。

 

あんまりにも久しぶりだからか感動するレベルで美味しく、ご飯や野菜と交互にステーキを食べる幸せ、たまりませんね!

 


 

食べている途中、まだ食べたいなと思わず呟いた一言にお客様が反応し、お代わりしちゃう?と笑顔で聞いてこられたので、ついついその結果かかるであろう将来的な負荷をスルーして速攻でぜひ!とお返事。

 


 


 

450gのビフテキニューヨークをお代わりし、こちらも余裕で完食。

 

赤身のレアなステーキ、久しぶりだからというのもあるかもですが幸せ過ぎてしばらくは頑張れそうな気がします。

 

また仕事頑張って頑張って、疲れた時に幸せになりに伺おうと思います。

 

ごちそうさまでした<m(_ _)m>

 

#ビフテキ屋うえすたん #うえすたん #ステーキ #ハンバーグ #赤身肉ステーキ #福岡グルメ #ラーメン大好きガーソーさん #たまにはお肉 #たまにはステーキ #gaso #steak #fukuoka #gourmet

 

-
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ラーメン大好きガーソーさん , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.