麺活

新店情報清川の中華そばふくちゃん初訪問

投稿日:



本日は仕事終わって、めんむすびさんの新店レビューを拝見して気になっていた、清川の中華そばふくちゃんにやってきました。


昨日、2月20日火曜の昼からオープンされたらしく、昼は中華そばと支那そば、チャーハンおにぎりのみ、夜はちょっとおつまみメニューもあって飲めるお店みたいです。

さて、着いてみたらラーメン海鳴清川店の斜め対角線上にあります。
というわけで、ラーメン海鳴と同じく、少し離れたコインパーキングに停めて、店内に。


店内は真新しく、木を基調とした明るい雰囲気。
手前にカウンター5席、奥に一段上がってテーブル席があり、2人用テーブル4つと変則1人席があって、私が入った時間はテーブルをくっつけて6人と3人の団体がテーブル席に。
カウンターは私の後に3人入り、遅い時間なのに繁盛してますね。

大将らしき男性、後からお話したら福田さんとおっしゃるそうで、それで店名がふくちゃん。
他に若い男性スタッフが3人で、計4人で回してます。
福田さんのおじさんが中華そば信兵衛というお店を昔されていて、その味を復刻させたというお話でした。
25年くらい前だそうで、残念ながら私は食べたことがないんですが、そういうストーリーがあるお店は期待しちゃいますね(^-^)




とりあえず、中華そば半熟煮玉子トッピングで注文。
チャーハンおにぎりは残念ながら売り切れでしたσ(^_^;)


しばし待って中華そば登場!
見た目、大判のレアチャーシューがインパクトありますね(^-^)

豚骨と鶏ガラを炊いたスープに、煮干しや鯖節で取った魚介系スープを合わせたダブルスープ、そこに薄口醤油ベースだと思いますが、タレを合わせてあります。
一口頂いてみると、魚介の風味もしっかりしながら、動物系の旨味もあり、バランス良くて美味しいですね。


麺は中華麺の老舗、張源洋行の中太ちぢれ麺、ツルシコです。
麺量は130gと、豚骨ラーメンに比べたら多いですね。
ちなみに、大盛りだと1.5玉、約200gだそうです。


具材はレアチャーシュー、メンマ、ネギ。
レアチャーシューはスライサーで薄く切られていて、大判ながらレアチャーシュー特有の歯応え、これが薄切りだからこそちょうど良く食べられて、実に美味い!
味付けも薄過ぎず、ラーメンとのバランスも良く、このレアチャーシューは最近食べた中では一番美味しいかも。


メンマは長くて柔らかく、味付け濃いめに煮てあるタイプで、美味しいけど好みは分かれそうかな。
近いので言えば瓶詰めのメンマを更に味濃くした感じ。

トッピングの半熟煮玉子も塩梅が良くて美味しい。

全体的にレベルが高い一杯で、すぐに完食。
次は支那そば大盛りと水餃子、アキレスケンを注文。


先に水餃子が来ました。
お好みでポン酢をお出しします、と言われ、とりあえずそのままスープを飲んでみると、魚介スープにわずかにタレを足したくらいの薄味。
だけど、水餃子自体を食べてみたら、しっかり味があって、皮はモチモチ、餡は汁気たっぷりです。
パクパク食べてしまったところで支那そば登場!


信兵衛では関東のお客様から、見た目が醤油ラーメンっぽくない中華そばではなく、醤油ラーメンっぽいのを出してとの要望に応えて、濃口醤油を使った支那そばも出していたらしく、こちらでもその流れで中華そばと支那そばを出しているそうです。
だから支那そば、かなり醤油の色目が強いですね。


食べてみると、たしかに醤油が強いです。
でも、関東のキレのある醤油ではなく、丸みのある九州の醤油っぽく、甘さは控えめだけどマイルドな味わいですね。
麺もスープも具材も同じでタレだけが違うそうですが、かなり違う印象を受けました。
個人的には中華そばの方がより好みでしたが、支那そばも美味しいです(^-^)
こちらもついつい完食。


食べてる間にアキレスケンがきました。
こちらはかなり味が濃いめ、お酒にはピッタリですね。


豚足も気になり頼みましたが、こちらは柔らかく茹でて酢醤油につけ、豆板醤かな、辛味を添えてあります。
こちらも柔らかくて美味しかった(^-^)

満足しました。
次はチャーハンおにぎりを食べにまた行きたいと思います。

ごちそうさまでしたm(_ _)m

ちなみに、平日は夜11時まで、慣れてきたら週末はもう少し長く営業頑張りたい、とのことでしたから、しばらくは深夜は避けた方が良いかもです。

-麺活

Copyright© ラーメン大好きガーソーさん , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.